マイクロスコープ歯科治療|東京都小金井市東小金井駅前の歯医者|東小金井歯科

キッズコーナー

レーザー治療

マイクロスコープ精密治療

歯科医師の方々へ

お問い合わせ・ご相談

各種無料相談・セカンドオピニオン受付中

042-385-8176

東小金井駅1分東京都小金井市東町4丁目42-20-2F

マイクロスコープ歯科治療

マイクロスコープで手元を20倍拡大

マイクロスコープ

東小金井歯科ではマイクロスコープという歯科用顕微鏡を用いて精密な治療を行うことができます。マイクロスコープを利用すると手元が20倍に拡大されて「正確」な治療を行えます。正確な治療を行った結果として根管内が清潔になり長持ちする治療へと繋がっていきます。

マイクロスコープは歯科治療の予後を左右させる

歯科マイクロスコープマイクロスコープは歯科用顕微鏡のことを指します。肉眼で見るよりも20倍程度まで拡大させることができるので細かな治療を行う際にも手元がしっかりと見えます。口の中だけでなく歯の治療を行う際には手元が暗く細かな作業になります。肉眼よりも精度が高く治療効果の高い治療を行うにはマイクロスコープを利用して治療を行います。マイクロスコープでは歯に入っている細かなヒビ、色の変化、形などを見ることができます。歯を残す治療が主流になる今後の歯科医療で注目されている最新機器です。

マイクロスコープで見えるもの

歯科マイクロスコープの世界

上の画像は肉眼で見る歯とマイクロスコープで見る歯の見え方の違いについての比較画像です。どうでしょうか?マイクロスコープの方が拡大されて「見える」範囲が多いように感じませんか?歯科治療では「見える」「見えない」が大きく関係してきます。治療成功の可否は患者様のお口にも影響を与えていきます。

見えなければ治療できない!盲目は最大の敵!

根管治療で最も進んだ教育をしているのがベンシルバニア大学歯内療法学科です。そこの教授であるSyngcuk KIM教授が「You can only treat what you can see.」という言葉を残しました。見えるものしか治療できないという意味の言葉を理解し、当院では肉眼だけの治療に限界があると思っております。そこでマイクロスコープで拡大した状況下で行う歯科治療を導入しているのです。精密な診断・治療を行うには「見える」範囲を広げることが大切だと考えております。

動画で見るマイクロスコープの重要性

患者様向けの映像があったのでご紹介いたします。この動画はサージテル社が作成した「拡大視野における歯科治療の重要性」という動画です。

マイクロスコープだからできる低侵襲治療

大きく見えると削りすぎない

削りすぎない

虫歯の治療で、虫歯菌に浸食された削るべき個所と健康な歯組織の境界がはっきりします。これにより、不必要な削りを排除できます。

残す処置ができる

残す処置

マイクロスコープが活躍するのは根管治療のときです。根管治療の精度を上げることで再発リスクや抜歯のリスクを大幅に下げることができます。

マイクロスコープを使うメリット

マイクロスコープを利用した治療には以下のメリットがあります。

マイクロスコープは普及率が低い

マイクロスコープの重要性

日本国内は歯科医院数が7万件以上あります。この数字はコンビニエンスストアの2倍以上と言われています。国内にとても多い歯科医院ですがマイクロスコープを導入している数はごくわずかです。導入している歯科医院は全体の歯科医院数で5%以下と言われています。東小金井でもマイクロスコープを導入している歯科医院は多くないです。しかし、そんな事情と相反してマイクロスコープを利用したいとおっしゃる患者様が多くなってきました。歯に対する意識変化の現れで、どうせ治療するなら精密な治療をしたいと考える方が増えてきています。

精密な治療を求めている方は東小金井歯科へ

精密な治療

東小金井歯科ではマイクロスコープを利用した根管治療を積極的に行えます。歯科医師だけでなく患者様でもマイクロスコープを利用したいと思う方が増えました。患者さあの大切な歯を残すためにはマイクロスコープの利用は必至です。ぜひご自分の歯を長くもたせたいと考えている方は一度東小金井歯科にご相談ください。患者様に良い治療。それがマイクロスコープを使った治療だと信じております。

トップへ戻る