歯を抜かない保存治療|東京都小金井市東小金井駅前の歯医者|東小金井歯科

キッズコーナー

レーザー治療

マイクロスコープ精密治療

歯科医師の方々へ

お問い合わせ・ご相談

各種無料相談・セカンドオピニオン受付中

042-385-8176

東小金井駅1分東京都小金井市東町4丁目42-20-2F

歯を抜かない保存治療

歯を残せる8つの治療方法をご提案

歯を抜かない治療

当院ではできるだけ歯を抜かない治療を心がけています。歯が抜けてしまったときインプラントやブリッジ・入れ歯が治療の選択肢として挙げられますが、これらはすべて自分の歯には劣る人工物です。皆さんが歯を抜かない治療法として以下の治療法をご用意しております。

① マイクロスコープ精密根管治療

マイクロスコープ

マイクロスコープとは拡大顕微鏡のことです。肉眼で治療するよりも手元を大きく移せるので患者様の歯がどのような状態なのか、どこが虫歯菌に感染しているのかを把握しやすいです。通常の治療に比べ、マイクロスコープで行うと虫歯の再発率を下げ、将来的に見ても歯を抜かないで済むことが多いです。

② 根管治療時の徹底した感染防止対策

マイクロスコープ

歯の根っこまで細菌感染している時には根管治療を行います。根管治療を成功させるためには歯の根っこに入っている細菌を除去する必要があります。根管治療では患者様の唾液が入るだけで治療が失敗してしまうので、当院では根管治療をする際はZOOという特殊なバキュームを使用しています。このバキュームのおかげで根っこの中に唾液が入るのを防ぎ再発リスクを大きく低下させます。

③ 歯周再生療法

歯周再生療法

再生療法とは歯周組織が歯周病で破壊されてしまったとき、歯周組織を再生させるための治療です。歯石やプラークなどの汚れを除去してから歯周組織を増やす薬を塗ります。薬が働くことで歯周組織細胞数が増えるだけでなく、血管が新しく作られて歯周組織が再生される仕組みです。使用する薬は床ずれや火傷の治療にも使われているのでお口の中でも安全性が高いです。

④ MTAによる歯髄保存

MTA

虫歯治療で病巣が歯の神経と近接している場合、歯を削っている最中に神経が露出してしまうことがあります。そんなとき今までの歯科治療では歯の神経を保存する際に水酸化カルシウムを使用していました。しかし、現在ではMTAセメントを利用した歯髄保存療法が主流になっています。水酸化カルシウムよりも高確率で歯髄の保護ができるようになりました。

⑤ 歯根端切除術・再植も実施

歯根端切除術

歯の根っこが折れてしまったり、根っこに膿の袋が出来ている場合は抜歯になるケースが多いです。しかし、当院では歯の割れた部分を歯科用ボンドで接着させた後に歯を植え直す「再植」や歯の根っこの一部を切除する「歯根端切除術」をして歯の保存に努めています。他院で抜歯と言われた患者様も一度ご相談ください。

⑥ 自分の歯の移植で補う

自家歯牙移植

親知らずは炎症の元になりやすく抜歯してしまうことが多いですが、東小金井歯科では奥歯のない患者様に移植することも可能です。親知らずは入れ歯やブリッジ・インプラントと異なり自分の歯なので移植しても拒絶反応が起きる心配がありません。移植が成功すれば今まで通り噛めます。

⑦ エクストリュージョンと外科的挺出

エクストリュージョン

歯の頭がなくなってしまい歯茎に根っこだけが残っていると土台を立てても脱落する可能性が高くなります。すぐに脱落してしまうとブリッジの方が良いと判断されてしまい抜歯になるケースが多いです。そんな根っこだけの歯も引っ張り出してあげると抜かずに自分の歯として被せ物をかぶせることができます。これをエクストリュージョンと外科的挺出といいます。エクストリュージョンや外科的挺出をすると残っている歯を長持ちさせることができます。

⑧ 根本的な治療

根本的な治療

痛くなったら歯医者へ行く。痛くなくなったら歯医者へ行かない。という方が多いですができれば日頃から歯科医院へ通うようにしましょう。歯科はすぐに治療できるものが少なく根本的に虫歯や歯周病にならない努力が必要です。さらにお口の疾患を早期発見・早期治療すると80歳で20本自分の歯を残す「8020運動」につながります。

東小金井の歯医者で歯を残す治療を受けるには

歯を残す治療

虫歯になっても歯を出来るだけ削らない・抜かないという治療をMI治療(低侵襲治療)と呼びます。東小金井歯科は原則、MI治療を実践していて患者様のことを思った治療を心がけております。患者様の歯を残すお手伝いができれば幸いです。東小金井でMI治療を受けたいと考えている方はぜひ東小金井歯科へご相談ください。

トップへ戻る